株式会社ユーシン精機では、「ユーシン精機社員行動指針」を制定しております。この行動指針は、法令や倫理の遵守、情報開示による経営の透明性確保、公正・透明・自由な競争と取引の推進、社員の人権尊重など九か条から成り立っています。ユーシン精機では、今後もコンプライアンス重視の経営を推進するとともに、社員一人ひとりのコンプライアンスの向上に取り組んでいきます。

ユーシン精機社員行動指針


 私たちは、企業の社会的責任を自覚し、全ての法令を誠実に遵守するとともに、社会的良識をもって、次のとおり行動します。
 

  1. 私たちは、優れた技術と豊かな経験をもとに、安全で高品質で社会に有用な商品・サービスを提供します。
  2. 私たちは、提供する全ての商品・サービスについて、その品質、内容等を正しく表示し、不当な表示、誤解を与えるような表示は行いません。
  3. 私たちは、取引において法令を遵守し、同業他社と公正で自由な競争を行います。商品・サービスの受注または販売について、不正な手段は使用しません。
  4. 私たちは、職場における社員の安全と健康の確保、快適で働きやすい職場の形成に努めます。
  5. 私たちは、社員1人ひとりの人格・人権を尊重します。性別、信条、身体的条件、社会的身分などによる不正な差別は行いません。
  6. 私たちは、顧客、取引先、株主、投資家等のステークホルダーに対し、適宜適切に正しい企業情報を提供します。
  7. 私たちは、環境問題の重要性を認識し、資源の有効活用および省エネルギーなどにより、環境問題に積極的に取り組みます。
  8. 私たちは、よき企業市民として、地域社会との交流を深め、地域の社会活動への参加などを通じて、広く社会貢献に努めます。
  9. 私たちは、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的な勢力とは付き合わず、経済的な利益を供与しません。


 役員および幹部社員は、この行動指針の精神を実現することが自らの重要な役割であることを認識し、率先垂範の上、関係者に周知徹底します。
 万一、本行動指針に反するような事案が生じたときは、組織を挙げて問題の解決にあたり、原因の徹底究明、再発の防止に努めるとともに、生じた事案について、社内外に対し、迅速かつ的確な情報公開を行い、その説明責任を果たすとともに、関係者を厳正に処分します。